織田家のためにすべてをかけた忠義の男
人は俺を鬼の柴田と恐れる
柴田勝家 権六じゃ。