「あーん」されて食べさせてもらえなかった藤吉郎殿のこの顔。