藤吉郎殿が「せーの」と言ったら、