演武終了後はYOSUKEさんが登場してのトーク
お披露目式以来の演武だったそうですが
「見てみい。我ら初々しいじゃろ。」とおっしゃる三河の古狸。
「新生名古屋おもてなし武将隊になられてから家康殿の貫録がググッと増したような気がしますな。」
 YOSUKE殿、同感でございます。
「とうとう、家康殿の天下・・・なんでしょうか?」
「はっはははっ」と高笑いの将軍
「何を笑っとる?!」by信長様
「ワシの口からは言えませなんだ」と信長様に頭を下げる将軍(笑)

新しく入ったメンバーにもいろいろと聞いてみる。
まずは元気!くんから。
信長様にマイクの位置が高すぎるんじゃないかと指摘される元気!くん
私もそう思うのですが、これ以上口に近づけると音割れちゃうと思う。
そして元気!くんはYOSUKEさんに「目が泳ぎまくっている」と指摘されました。
「今、目が自由形でええな。←????
 こう、行って帰ってきておるくらいじゃな。 ←意味不明のいつもの将軍発言
 ま、やめよかの。」 ←空気読んだ将軍
YOSUKEさんに「その辺はお変わりありませんようで(笑い)」と言われました。
「ワシのまんま。」 ←わかっていらっしゃる。

「やはりな、この者の武器はな、」と元気!くんを紹介する将軍様にどんどん近寄る元気!くん。
「近い!大将に対して近い足軽」と言われておりました。
「近いじゃろ? 近くてもな、さわやかなんじゃ。
 さらっとした笑顔。」と言いつつ大接近の元気!君を見たら、
「やっぱり暑苦しいわ。
 今気づいた。暑苦しい、お主。」←遅っ!!