「秀吉様に生涯をつくし
 槍をふるい続ける男
 忠義を尽くして城を築く 加藤清正ー」

「幼き頃より秀吉様に 受けた恩義に報いるためには
 我が撮る道はきまっておるわ!
 我、豊臣家が最後の砦 加藤清正、参る!」
こちらは呼び込み中から陣笠との殺陣、そして自分の口上を述べながらも殺陣