演目:関ケ原の戦い

稲姫はこのとき真田に嫁いで「小松姫」と名乗っておりました。
真田家は夫は東軍、夫の父と弟は西軍につき、その時の小松姫のエピソードを盛り込んでいました。