お面が出来上がった二人はこんな状態。
いったい何を表現しているのか?
偉ぶっているのか、それとも疲れ切っているのか、謎。
そして手前の服部殿はあやしげなところを切っている。