音響の佐野殿がこの日で出立することとなった。ということで
「佐野殿、前へ。(佐野殿が出てくるまで)ワシはてこでも動かん。」