「鳴かぬなら、鳴かぬまで待とう、ホトトギス!」