水野殿が縄に入るかと思いきや、水野殿自ら井伊殿のところへ午後の演武の相談に行き、またもや服部殿は一人跳び続ける。