オカザえもんの堪忍踊りはとっても自由~でした。
しゃべれないのにずっとマイクを持ったまま離さなかった。