殿が堪忍できないお時間。
筆頭も殿と一緒にかけまわる。