関係者のあとは一般の人が御焼香。
それを待ってふれあいセンターまでみんなで武者行列。
服部さんは殿の床几を持って武者行列に臨みました。
いつでも殿が座れるように。ということでしょうか?
家臣の鏡です。