守綱殿は傘を差して登場。
演武でもそのまま傘を差して口上を述べました。
トークの時間は殿に傘を差しかけておりました。